KEA工房スタッフブログ

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

*

乳がんを予防しよう!適度な運動でもリスクを減らせる!?

   

乳がんは日本人女性罹患(りかん)率トップのがんです。
その数は年々増え続け、現在では日本人女性の12人に1人は発症すると言われています。
決して他人ごとではないこの乳がんですが、適度な運動をすることである程度予防することができるのは知っていますか?
今回は乳がんと運動の関係についてご紹介します。

gatag-00014231

乳がんの予防のために、まずは「ホルモン」について考えてみましょう

「エストロゲン」というホルモンをご存じでしょうか?
卵巣で作られるこのエストロゲン(卵胞ホルモン)と、
プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が周期的に変化することで女性は月経が起こります。
エストロゲンは月経が終わる頃から排卵前にかけて多く分泌されます。
エストロゲンは「女性ホルモン」とも呼ばれ、肌を美しくするといった女性らしさを保つのに必要不可欠なホルモン。
例えば出産後に髪が大量に抜けるのは、出産によってこのエストロゲンの分泌量が急激に減少するためなんですよ。

また閉経を迎える頃に更年期障害を起こすのは、
このエストロゲンが一気に減ることで体内バランスを崩しているためです。
ホルモンというものはバランスがとても大切なことが分かりますね。

乳がん発症リスクに深く関わりのある「エストロゲン」

女性にとって大切なこのエストロゲンですが、実は乳がんの発生要因にエストロゲンは深くかかわっているんです。
体内のエストロゲン濃度が高い状態が続くと「ホルモン受容体陽性乳がん」になる発症リスクが上がります

・初潮が早い
・閉経が遅い
・出産経験がない
・授乳歴がない
・経口避妊薬の使用

この条件があるほどエストロゲン濃度が濃い期間が長くなり、乳がん発症リスクを高めます。

生活習慣でもエストロゲンの量は変化します
閉経後、エストロゲンの分泌は減ります。
エストロゲンが減るなら乳がんのリスクも下がりそうですが、
実はエストロゲンが減った代わりに違うホルモンが分泌されるようになります。
そしてそのホルモンはなんと脂肪細胞でエストロゲンに変換されます。
つまり脂肪細胞が多い人ほどエストロゲンが多く分泌され続け、
乳がんのリスクにさらされる危険が高まるということなんです。

201701_02

乳がんの発症にはエストロゲンが深く関係するタイプとそうでないタイプがあるので、
痩せていれば乳がんにならないというわけではありません。
ただ、エストロゲンが深く関係するタイプの乳がんにおいては
太っていることで発症リスクを高めてしまう可能性があります。

脂肪量をコントロールしてリスクを減らそう

ここで国立がん研究センターによる乳がんの調査を見てみましょう。
国立がん研究センターが平均14.5年間、女性を追跡調査した結果、
53,578人中652人に乳がんの発生がありました。そのなかで余暇運動との関連を調べると、
「週3回以上の運動」の人は「月3回以内の運動」の人に比べて発症リスクが0.73倍と低くなるということが分かりました。

運動することでもちろん脂肪も増えにくくなりますので、
この結果からも運動による体重コントロールが発症リスクを減らすということが分かります。

乳がんは遺伝性のものもあり、体重を減らしたからといってすべてのリスクを排除できるわけではありません。
ただし体重をコントロールすることで一定のリスクを回避することはできます
予防できる手段があるならばぜひ積極的に取り入れていきたいですね。

適度な運動とはどれくらい?

201610_11

では次に「適度な運動」について考えてみましょう。

・瞬発的ではなく、継続的に

1日だけみっちり運動するよりも、運動量は少なくても継続することが大切です。

・週に3~4回、30分以上

ゆったり体を動かせる「有酸素運動」が基本です。例えばジョギングや軽めの水泳がこれにあたります。
そして最もおすすめなのが「歩くこと」です。できるだけ歩く機会を作るだけで、
適度な運動量をこなせます。早朝や深夜は心臓に負担がかかるので、日中の気候が良いときに行うと良いですね。

実はいつもの「あの家事」を念入りにするだけで、理想的な運動になります!

運動は意識して行っているものだけではありません。実は知らず知らずのうちに適度な運動を行っている場合もあります。
それは「お掃除」です。家のお掃除を念入りに行えば、体は自然と有酸素運動の状態になります。
お掃除で家をピカピカに磨き上げれば、同時に適度な運動もこなせます。

適度な運動で乳がん発症リスクを減らし、生活の質を上げましょう

日本人女性に身近な乳がん。まだ発症していない方も、一度発症して治療済みの方も、
適度な運動を習慣にして発症リスクを減らしましょう。
適度な運動は乳がん予防だけでなく、全身の健康維持に役立ち生活の質を高めます。

KEA工房では乳がん術後のためのエクササイズやヨガ講習など定期的に開催しています。

『運動方法がわからない』『効率的なエクササイズについて知りたい』

などご希望があればぜひご参加くださいませ。

もし乳がんについてご不安な点があれば、私たちKEA工房へお気軽にお問い合わせください。
ご本人様はもちろん、ご家族様についてのご相談も承っております。
術後下着専門店のスタッフとして、患者様のお力になれるようサポートさせていただきます。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.

《KEA工房 Facebook》

ご予約・お問合せは

KEA工房カスタマーセンターまで

0120-05-2253

footerlogoGreen[1]

乳がん下着・インナーの専門サロン

銀座店・横浜店・大宮店

 - ボディケアインナー , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
【平塚】相談会・試着会のご案内

こんにちは。 KEA工房横浜店スタッフです。 平塚相談会・展示会のご案内です。 …

リラックスばすくろす
『りらっくすバスクロス』が湯河原へ!!

乳がんの術後の女性にも広い温泉でゆったりと過ごしてもらいたい――。 温泉の町とし …

heart
シリーズ「リンパ浮腫」-第5回リンパ浮腫に対する圧迫療法(その2-弾性着衣の選び方)

前回の記事の「表示されている圧について」の項で、mmHgという単位が出てきました …

201702_03
乳癌の入院に向けて準備。必要な持ち物は?

初めて入院する。どんな準備をしたらいいの??? 乳癌の入院が決まったら、必要な持 …

201611_4
乳がん術後のパッドは、形・素材・重さがいろいろあります。

乳がん術後のパットはどれを選ぶべき? ボリューム調節だけが目的の普通のパッドと違 …

no image
藤沢相談会・試着会のご案内

こんにちは。横浜店スタッフです。 昨年行っておりました藤沢相談会を再開することに …

201701_01
女性なら必ず受けるもの!?乳がんの検診がとても重要なワケ

みなさん、健康診断や検診は受けていますか? 日々の忙しさについ後まわし、なんて方 …

heart
シリーズ「リンパ浮腫」-第6回リンパ浮腫に対する圧迫療法(その3-弾性着衣の採寸・装着方法と療養費支給)

今回は採寸や装着についてと、療養費支給について述べたいと思います。 採寸方法 1 …

no image
横浜店のウェルカムボードが新しくなりました♪

こんにちは。横浜店スタッフです♪ 日中は日差しが暖かく、春を感じられるようになっ …

女性2人が店舗で下着を選んでいる様子
乳がん用の下着の選び方

女性の下着は見た目を美しく整えるのはもちろん、 バランスを整えて快適に過ごすため …