KEA工房スタッフブログ

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

*

乳がんの検診方法、エコーとマンモグラフィーは何が違うの?

   

乳がん検診方法は・・・?

乳がんの検診といえば「マンモグラフィー検査」がメジャーですが、
超音波を利用した「エコー検査」もあります。
痛いと有名なマンモグラフィー検査よりもエコー検査なら気楽に受けられそうですが、
どちらの方が良いとは一概には言えません。
エコーとマンモグラフィーの違いや、それぞれのメリット・デメリットを考えてみましょう。

世界で取り組む「検診推進」運動。世界的有名女優の除去手術も話題に

みなさんは「ピンクリボン」をご存じでしょうか?
これは日本よりも乳がん発症率が高いアメリカで生まれた、乳がん検診の世界共通シンボルマークです。
ピンクリボンのバッジをつけて乳がん検診の大事さを考える
「ピンクリボン運動」は、アメリカをはじめとした欧米諸国から広がり、
現在では日本でも定着してきました。
東京タワーがピンク色に染まったのを見たことがある方も多いと思いますが、
あれもピンクリボン運動のひとつです。

KEA工房でもピンクリボン運動を応援しています

1aa8753a36646a87ff35f16b772bf0bc_view1

このように日本でも検診率アップのためにさまざまな対策をしていますが、
早くから乳がん検診に力を入れていた欧米に比べ検診率は低く、まだまだ充分とは言えません。

そのようなときに、世界的に有名な女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが
将来乳がんになるのを防ぐために、予防として乳房を切除したことが一躍話題になりました。

まだ発症もしていないのに切除!?と衝撃を受けた方も多いでしょうが、
ジョリーさんの場合、身内に乳がんや卵巣がん患者がおり、
遺伝子的に乳がんになる可能性が高かったため手術に踏み切ったようです。
乳がんはそれだけ発症リスクが高く怖いがんなのです。

もちろん、この選択が全ての女性にとって取るべき道である、というわけではありません。

しかし、アンジェリーナ・ジョリーさんのこの大きな選択は、
世界中の女性が乳がんについて考えるきっかけになったのではないでしょうか?

なぜマンモグラフィー検査はあんなに痛い?

乳がん検診のマンモグラフィー検査を経験したことがある方は、
口をそろえて「痛かった!」と言いますよね。
マンモグラフィーは透明の圧迫版で乳房を挟んで
なるべく厚みをなくして検査する必要があるため、
ギュゥ!と押しつぶされて痛みが生じます。

でもこれは無駄に痛いわけではありません。ちゃんと意味があることなのです。

マンモグラフィーとはレントゲン検査なので、なるべく放射線量は少量にしたいところです。
ボリュームのある乳房を薄く伸ばすことによって放射線量を少なく抑えられ、
小さな腫瘍も発見しやすくなります
このように安全と精密さを優先するため、検査には一瞬痛みが伴ってしまうのです。

エコー検査だけじゃダメなの?

「マンモグラフィーは痛いからエコー検査にしたい!」と思う方も多いと思いますが、
マンモグラフィーもエコーも、それぞれ得意とする分野やメリット・デメリットがあります。

lgf01a201406211500[1]

エコー検査とは超音波診断のこと。
妊娠中におなかの赤ちゃんを見るための検査でメジャーですよね。

ブローブという器具にゼリーを塗って乳房にあて、ブローブを動かしながら同時に診断します。

痛みもほとんどないので「こっちの検診にすればもっと検診率が上がるのでは?」と思う方もいるでしょう。
しかし、実はエコー検査は難しい検査法のため、診断する医師の経験と技術が重要になります。

経験の浅い医師の場合、見逃してしまう可能性もあるようです。

一方、マンモグラフィーはレントゲンでじっくり観察できるので、
だれが見てもほぼ同じ診断ができるそうです。
検査の正確さを求める方は、マンモグラフィー検査の方が良いかもしれません。

それぞれのメリット・デメリット

医者技術の問題のほか、マンモグラフィーもエコーもメリット・デメリットがあります。

それぞれの違いを確認しておきましょう。

 

【マンモグラフィー】
・どこでも一定レベルの検診が可能
・検査に痛みがある
・石灰化を見つけやすい

乳管の中にカルシウムが沈着することがあり、
これを「石灰化(せっかいか)」と言います。
石灰化はがんを疑う重要なサインです。
(良性の乳腺症などでも見られることがあります)

マンモグラフィーはこの石灰化を映し出してくれるので、早期発見ができます。

 

【エコー】
・乳房の内部を慎重に観察しながら腫瘍を探せる
・エコーは無害なので何度でも検査可能
・妊娠中でも問題なし
・痛みがない
・石灰化は見つけにくい
・閉経前の年齢層には向かない

腫瘍がある場合エコーでは白く映りますが、閉経前の乳房は密度が高く、
もともと乳房全体が白く映ります。
真っ白な中で白い腫瘍を見つけるのは、雪原の中で雪だるまを見つけるくらい難しいもの。このような場合はマンモグラフィー検査が必要です。

もしも乳がんになったら…検診で早期発見できれば予後は決して暗くない!
12人に1人が発症する乳がん・・・決して他人事ではありませんね。

もしも乳がんと診断されたなら、そのときはどうぞKEA工房へご相談ください。

201611_03

KEA工房では術後下着のご提案だけでなく、
お客様のご不安が少しでも軽くなるように専門スタッフがサポートさせていただきます。

よくあるお問い合わせはこちら

乳がんはもし発症しても、早期に発見できれば完治できるがんです。
手遅れにならないように、自己チェックや自治体の検診を利用してくださいね。

KEA工房では術前、術後でもご相談を受け付けております。お気軽にご利用くださいませ。

KEA工房をはじめてご利用になるお客様へ

 

【資料請求】【ご予約】はこちらまで

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

《KEA工房 Facebook》

ご予約・お問合せは

KEA工房カスタマーセンターまで

0120-05-2253

footerlogoGreen[1]

乳がん下着・インナーの専門サロン

銀座店・横浜店・大宮店

 

 - ボディケアインナー , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

mig
明けましておめでとうございます

  KEA工房一同 謹んで初春のお慶びを申し上げます。 旧年中はブライ …

no image
藤沢相談会・試着会のご案内

こんにちは。横浜店スタッフです。 昨年行っておりました藤沢相談会を再開することに …

G-HOGWAVEロゴ
G-HOGWAVE詳報《第2報》

熊本・大分の地震で被災された方々が一日でも早く元の生活に戻れることをお祈り申し上 …

201701_02
乳がんの検診には必ず費用がかかるのか?年齢によって変わる?

現在、日本人女性の12人に1人は乳がんになると言われており、これからも増えていく …

no image
ブレストフォームフェア開催中♪

こんにちは KEA工房表参道店です 3月末までブレストフォームフェアを開催してい …

no image
ピンクリボン・デ-inくまがや☆

こんにちは、表参道店です! 本日は12月7日(日)に開催される「ピンクリボン・デ …

no image
【乳がん術後の病院相談会に参加します】

みなさん、こんにちは!ボディケア本社スタッフです。 明日から新潟、長野で病院主催 …

no image
【東北定期相談会が決定しました!!】

みなさん、こんばんは!KEA工房ボディケアからのお知らせです。 東北エリア、仙台 …

no image
臨床LMA研究会第1回勉強会

InBodyという装置をご存知でしょうか? 高精度の体成分分析装置で、体内の水分 …

no image
【人気の術後リハビリエクササイズのご紹介★】

みなさんこんにちは!ボディケア本社スタッフです! 今日はサロンで行っている、講習 …