KEA工房スタッフブログ

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

*

乳がんの検診には必ず費用がかかるのか?年齢によって変わる?

      2017/07/15

現在、日本人女性の12人に1人は乳がんになると言われており、これからも増えていくかもしれません。

ただし乳がんは検診で早期発見が可能ながんですので、定期的に検診を受けることで完全治癒も望めます。
しかしこの乳がん検診、同じ内容でも年齢や条件によって費用が変わることはご存じですか?

201706_05

★39歳と40歳では費用が変わる!?

乳がんは自覚症状がない段階でも検診で発見が容易ながんのため、各自治体が乳がん検診に補助を出しています。

これを読んで「自治体が補助してくれるなら検診を受けてみようかな」とお考えの方もいるかもしれませんね。

しかし40歳未満の人と40歳以上の人では、費用面で違いがあります。検診を受けましょう!とさんざん呼びかけられていますが・・・
実は、39歳までは補助が出ない場合がほとんどです!

39歳だと補助が出なくて、40歳なら出る・・・なぜ違いがあるのでしょうか?

★40代になると急に上がる乳がん罹患(りかん)率

乳がんは40~50代が発症のピークです。40~75歳くらいまでは罹患率が高く、目立って減ることはない要注意な年齢層です。

30代でも乳がんになることはありますが、こちらは「若年性乳がん」とカテゴリされ、数としてはかなり少ないです。
85歳以上に比べ30代の方がずっと罹患率は低くなっています。

このように30代は発症リスクが低いため、各自治体の検診費補助は「40歳以上」と決められており、「40歳以上、今年の誕生日で偶数歳(40、42、44・・・)になる人が補助対象」という規定が一般的です。

40歳以上ならば2年に一度は補助で検診が受けられる仕組みですね。

検診費は「問診」「視触診」「マンモグラフィ検査」の全てを受けても無料、もしくは数千円の自己負担のみ、という自治体が多いです。

 

[フリーイラスト] 問診票を記入する看護婦

★補助してもらえるケースに当てはまるかチェック

39歳までは補助が受けられないのはなんとも残念ですが、限りある税金を使うわけですから、リスクが高い年齢層のみに補助するという区別は仕方ないかもしれませんね。

各自治体の補助が無理でも、ほかに補助をしてもらえる場合があります。

会社員の方なら、会社が義務付けている健康診断のなかに希望で乳がん検診が入っているかもしれません。
専業主婦の方なら、夫が加入している健康保険組合で「扶養している主婦の健康診断・各種検診」を補助してもらえる場合があります。

検診費用は

・提携先の病院なら書類を出せば補助が適用される

・いったん全額自己負担で受診し後日書類を出して補助金が振り込まれる

の2種類があります。病院に行く前に確認しておきましょう。

★補助対象外ならば全額自己負担

自治体も会社も全て補助対象外だった場合、残念ですが検査は自己負担になります。この自己負担ですが、通常の通院で払う3割負担ではありません。健康な人が受ける検査は全額自己負担になるので、なんと10割全てが自己負担になってしまうのです!

全額自己負担ですので、料金は病院によってまちまちです。

・問診

・視診

・触診

・マンモグラフィ検査

これらを全て行うと10,000円前後ほどでしょう。

これにもし超音波検査を加えると、5,000円ほどアップするようです。

無料で受けられる自治体もあることを考えると、この費用の差は大きいですよね。

[フリー写真] 頭に手を当てて悩む女性

★自覚症状があるならば保険適応

全額自己負担になってしまうと、なかなか気軽に検診は受けられませんよね。
ただし、これはあくまでも「何の症状もないけど検査したい」という場合のみです。

しこりがある、腕を動かしたときに胸に違和感があるなど、何かしら自覚症状があるならばもちろん保険が適応されます。
普段の病院通いが3割負担なら同じ3割負担で検査ができますので、どうぞご安心ください。

10割負担で負担額が10,000円の場合、保険適応で3割負担となると3,000円で検査できます。

40歳以上だけど補助が受けられる該当年ではない、という場合も自覚症状があるならば保険適応で検査できます。
気になった場合はすぐ受診してくださいね。

★乳がんを取り巻く環境は年々変わってきています

現状としては12人に1人が罹患すると言われている乳がんですが、30年前の罹患率は今の半分ほどしかありませんでした。
生活スタイルや食生活の欧米化などの原因によって、罹患率は年々上昇しています。

それに伴って、乳がん検診の補助も手厚くなってきています。
この先、若年性乳がんが増えれば年齢による制限もまた変わる可能性もあるでしょう。

医療に対する補助は知らないうちに改定されている場合がよくあります。
そのため、自分はどのような補助が受けられるのか、その都度確認することが大切です。

また検診費補助だけでなく、乳がんの患者様をフォローする体制も今はたくさんあります。

 

KEA工房も術後下着専門店として、乳がんや子宮がんなど女性特有のがんを経験された方の力になれるよう、定期的に相談会や講習会などを開いています。
専門知識を持ったスタッフが患者様の不安を少しでも軽くできるようにお手伝いさせていただきます!

KEA工房では専門知識を持ったスタッフが患者様のご相談を承っております。
ブラジャーのご相談だけでなく、病気、ライフスタイルなどについてもどうぞお気軽にご相談くださいませ。

ご予約はこちら

資料請求はこち

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.

《KEA工房 Facebook》

ご予約・お問合せは

KEA工房カスタマーセンターまで

0120-05-2253

footerlogoGreen[1]

乳がん下着・インナーの専門サロン

銀座店・横浜店・大宮店

お電話でのお問い合せ・資料請求は、フリーダイヤル0120-36-2727へ

 - ボディケアインナー , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
四国出張

今週は四国各県を回りました。 香川県立中央病院は今年新病院が出来上がり、以前に比 …

no image
【KEA工房銀座店3階】ピンクリボンフロアのご案内

皆様こんにちは! KEA工房カスタマースタッフです。 今日は8月に表参道店と統合 …

DSC_0415
大成功!ピンクリボンフェスタin表参道

先日、KEA工房表参道サロンにてかねてよりやりたくてやりたくてたまらなかったピン …

no image
【人気の術後リハビリエクササイズのご紹介★】

みなさんこんにちは!ボディケア本社スタッフです! 今日はサロンで行っている、講習 …

no image
☆7月開催!東北相談会☆

みなさまこんにちは KEA工房大宮サロンです 梅雨に入り安定しない天気が続いてお …

no image
ヨガセミナーin横浜サロン

こんにちは。横浜サロンスタッフです 現在、サッカー FIFAワールドカップで盛り …

no image
乳がんの人のための日常レシピ

  ―発病して変化したのは「食事」だった…。 生きていくうえで食事は大 …

学会画像
【第24回日本乳癌学会学術総会】にブース出展いたします

  みなさんこんにちは。関東は梅雨入りしましたね。 KEA工房は湿気に …

no image
ウィンターセール☆好評開催中です

こんにちは。銀座店です。 27日から開催中のウィンターセール!! 多くのお客様に …

heart
シリーズ「リンパ浮腫」-第7回リンパ浮腫に対する圧迫療法(その4-包帯法)

さて、今回は包帯を使用する圧迫療法についてです。スリーブやストッキングなどの弾性 …