KEA工房スタッフブログ

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

*

女性なら必ず受けるもの!?乳がんの検診がとても重要なワケ

      2017/03/22

みなさん、健康診断や検診は受けていますか?
日々の忙しさについ後まわし、なんて方も多いかと思います。
しかし、検診は自分の体を守るためにとても重要です。

乳がん検診もそのひとつ。

今回は日本人女性に多いこの乳がんについて考えてみましょう。

日本人女性にとって身近な「乳がん」

「ピンクリボン」の画像検索結果

「乳がん」はがんのなかで日本人女性の罹患(りかん)率が第1位です。
現在は12人に1人が生涯のうちで一度は乳がんになると言われています。
罹患するピークは40代後半。40代の女性というと仕事をしていれば働き盛りですし、
子どもがいれば大きくなって学費や衣食住に年々お金がかかってくるころ。
親の介護問題も出てきます。そのような忙しい人生真っただなかで
宣告される乳がんは、ショックもかなりのものでしょう。

40代でピークに達する罹患率は70代まで目立って減ることなく高いまま。
乳がんは人生後半からずっと心配しなくてはいけないガンの一つなのです

>乳がんをくわしく知ろう【日本乳がんピンクリボン運動 http://www.j-posh.com/】

>乳がん体験者のコミュニティサイト【チアウーマン https://cheerwoman.com/】

どうしてこんなに罹患率が高いの?

12人に1人の罹患率、これを聞いて「そんなに多いの?」
驚かれた方も多いのではないでしょうか?

しかし、これほど多くなったのは最近です。昔はそこまで高くはありませんでした。

国立がん研究センターの統計によると、
40代女性の1985年の罹患率は現在の半分以下!
30年ほどで一気に乳がんになる人が増えています。これはなぜでしょうか?

実は乳がんは日本よりも欧米の方がずっと罹患率が高いのですが、
日本の食生活や生活習慣の欧米化が
この乳がん罹患率アップに関係があると言われています。(※原因には諸説あります)

photo-1446645681877-acde17e336a9

今の生活スタイルが昔の日本のように逆戻りするとは考えにくく、
罹患率はこの先もずっと高いままでしょう。
日本人女性は今まで以上に乳がんについて真剣に向き合っていく必要があります。

かかりやすいが治癒率も高いのが特徴

乳がんは罹患率が第1位ですが、実は「5年生存率」も第1位です。
「5年生存率」とは疾患の予後を見るための指標で、
診断から5年経過後に生存している率を表します。
多くのがんでは、治療によってがんを取り除いたあと
5年間再発しなければ「治癒した」とみなします。

そのため、術後の5年間は定期的に検診を受けて再発がないかをチェックしていきます。

乳がんはこの5年生存率がどのがんよりも高いのです。
その率は80%以上。肺がんは30%、最も5年生存率が低いすい臓がんにいたっては10%です。
比べると違いは歴然ですね。

早期発見が一番のポイント

ではどうして同じがんなのに、乳がんはこれほど5年生存率が高いのでしょうか?
それは他のがんに比べ「早期発見することが可能」だからです。

がんは小さいうちに見つければ、ほかに転移することなく早期に手術する事も可能です。
大きくなればなるほどほかへ転移する危険があり、
リンパ節に転移することも可能性としてあります。

痛みや違和感を覚えて病院に行き診断されるケースが多いのですが、
症状が出てからではがんのステージ(進行度)はかなり進んでしまっています。

201701_02

例えば先ほど出たすい臓は沈黙の臓器と呼ばれており、
自覚症状が出にくいうえに一般的な検査では見つけにくい場所に位置します。
そのため自覚症状があって受診時には進行していることも多いです。

その点、乳がんはほかに比べて検診方法も
自身で行えるものもあり、発見することができますし
病院でも定期健診を受けることができます。

検診を受けていれば痛みや自覚症状がまだ無い
早い段階でがんを見つけることができるため、治癒率も高くなるのです。

検診を受けやすいよう、各自治体もバックアップ

乳がんの早期発見には普段行う自己チェックのほかに定期的な検診が重要です。
乳がん検診には「問診」、「視触診」、「マンモグラフィー検査」、
そして「超音波検査」があります。
超音波検査は年齢によってマンモグラフィー検査が向かない方、
またはマンモグラフィー検査後、追加検査で行うことが多いようで、
一般的には「問診」、「視触診」、「マンモグラフィー検査」の組み合わせで行います。

マンモグラフィーというと「痛い検査」というイメージですが、
乳房を薄く伸ばすことによってレントゲンの被ばく量が最低限で済みますし、
薄く伸ばすことで小さな病巣も見逃しにくくなります。
痛いのには理由があるので、ここは少しだけ我慢しましょう。

乳がん検診は受診率を上げるために各自治体が支援してくれていることがほとんどです。
2年に一度、偶数歳の際に受診できるのが一般的で、受診費も無料~3,000円ほどになるよう補助してくれます。

「ピンクリボン」の画像検索結果

【ピンクリボンin東京2016年 http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2016/08/23/10.html】

もし自治体の検診でなく、何かしらの自覚症状が出てから
病院を受診するとこちらは保険扱いになります。
その場合は、初診料や診断料などを加えて総額10,000円ほどの受診費が必要です。

無料、もしくは数千円で受診できるのは助かりますよね。
「税金を投入してでも検査を受けてほしい」という表れです。
それだけ乳がんに関しては早期発見が大事なのだということが分かります。

検診がもっと当たり前になるように・・・私たちKEA工房の願いです

「時間がない」、「面倒」、「検査が痛そうだから」という理由で
自治体の検診を受けたことがない、という女性も多いですが、
それはとてももったいないですし残念なことです。

12人に1人は罹患するといわれている乳がんは、決して人ごとではありません。
また、発症するかどうかは年齢は関係ありませんので
できるだけ早いうちからの検診をおすすめいたします。

 

検診さえ受けていれば早期発見できたのに・・・。
そのようなことにならないように、ぜひ検診を受けてくださいね。

術後下着専門店のKEA工房では、乳がんや術後ケアに関する
商品のご提案やご試着、また、講習会や相談会を定期的に開催しています。

20150702_073503-1

患者様ご本人はもちろん、ご家族やご友人のご相談も大丈夫ですので、
何かご不安なことがあれば私たちスタッフにどうぞご相談ください。

スタッフ一同、お待ちしております。

【資料請求】【ご予約】はこちらまで

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

《KEA工房 Facebook》

ご予約・お問合せは

KEA工房カスタマーセンターまで

0120-05-2253

乳がん下着・インナーの専門サロン

銀座店・横浜店・大宮店

 - ボディケアインナー , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

heart
シリーズ「リンパ浮腫」-第6回リンパ浮腫に対する圧迫療法(その3-弾性着衣の採寸・装着方法と療養費支給)

今回は採寸や装着についてと、療養費支給について述べたいと思います。 採寸方法 1 …

1439452966350
仙台から研修の方が来て下さっています

  皆様こんにちは。 KEA工房カスタマーセンタースタッフです。 今年 …

header
【今だけ!!術後ブラプレゼント!!】

みなさんこんにちは!ボディケア事業部本社スタッフです! ここ最近は春を通り越して …

DSC_0331
リハビリフラ講師の草野先生が読売新聞に掲載されました

KEA工房大宮店でフラダンス講習会を開催させて頂いている 草野 朋子(くさの と …

heart
埼玉県民がんサイエンスサロンに参加しました

今日は埼玉県立がんセンター臨床腫瘍研究所が開催した第5回埼玉県民がんサイエンスサ …

no image
【人気の術後リハビリエクササイズのご紹介★】

みなさんこんにちは!ボディケア本社スタッフです! 今日はサロンで行っている、講習 …

201611_3
自分でも日々行える乳がんのチェック方法を分かりやすくご紹介!

乳がんは女性の発症する中で割合が高いがんです。 有名人が乳がんになったというニュ …

heart
シリーズ「リンパ浮腫」-第7回リンパ浮腫に対する圧迫療法(その4-包帯法)

さて、今回は包帯を使用する圧迫療法についてです。スリーブやストッキングなどの弾性 …

201611_4
乳がん術後のパッドは、形・素材・重さがいろいろあります。

乳がん術後のパットはどれを選ぶべき? ボリューム調節だけが目的の普通のパッドと違 …

no image
横浜店のウェルカムボードが新しくなりました♪

こんにちは。横浜店スタッフです♪ 日中は日差しが暖かく、春を感じられるようになっ …